梶山小児科・アレルギー科 | 神戸市灘区にある小児科・アレルギー科

〒657-0822 神戸市灘区畑原通3丁目1-17 | 078-801-5678

予防接種

生後6か月からの日本脳炎ワクチンの推奨について

3歳から標準接種期間の日本脳炎ワクチンは、生後6ヶ月から接種可能です。1歳までは多くの予防接種を受けないといけませんので、当院では1歳過ぎくらいにお勧めしたいと考えています。ご不明な点がありましたらお問い合わせください。クリニックホームページにも詳しく記載しております。

生後6ヶ月から接種するメリット

  • 早く免疫をつけられる。(生後11ヶ月で発症した例があります)
  • まだ小さい時期に予防接種した方が、クリニックに連れてきやすい。(例えば、抱っこが楽。育休中で連れてきやすい。注射の前後に泣いたり暴れたりしてもなんとかなりやすいなど)
  • 兵庫県は過去の日本脳炎発生地域(2013年)であり、日本脳炎抗体を持っているブタが多くいる地域に近いので、日本脳炎の感染リスクが比較的高いと考えます。
院長としては、3歳以降までわざわざ待って接種するメリットはあまりないと考えます。

 

日本小児科学会も、「最近日本脳炎患者が発生した地域に居住する小児は6ヶ月から接種することを推奨する」と言っています。その文章を以下に記します。

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスを保有する蚊にさされることで感染します。日本脳炎ワクチンの普及と生活環境の改善により、日本脳炎患者発生は最近少なくなっていますが、毎年各都道府県で実施されているブタの抗体保有状況をみると日本脳炎ウイルスは西日本を中心に広い地域で確認されています。

現在、日本における日本脳炎ワクチンの1期の標準的接種時期は、初回接種として3歳からとなっています。ただし、定期接種の1期として接種可能な時期は生後6~90か月となっており、希望すれば生後6か月以上であればいつでも接種可能です。

最近の小児の日本脳炎罹患状況をみると、熊本県で2006年に3歳児、2009年に7歳児、高知県で2009年に1歳児、山口県で2010年に6歳児、沖縄県で2011年に1歳児、福岡県で10歳児、兵庫県で2013年に5歳児の報告があります。また、2015年千葉県において生後11か月児の日本脳炎症例が報告されました。

日本脳炎流行地域に渡航・滞在する小児最近日本脳炎患者が発生した地域ブタの日本脳炎抗体保有率が高い地域**に居住する小児に対しては、生後6か月から日本脳炎ワクチンの接種を開始することが推奨されます。

 **国内のブタの日本脳炎抗体保有状況
http://www.nih.go.jp/niid/ja/je-m/2075-idsc/yosoku/sokuhou/6010-je-yosoku-rapid2015-15-map.html

 

日本脳炎ワクチンの接種量は、3歳未満で0.25mL、3歳以上で0.5mLと異なります。しかし1期接種を初回接種から追加接種まで全て0.25mL で済ませた場合でも、効果に問題がないことが確認されていますので、ご安心ください。(2016年2月 公益社団法人日本小児科学会 予防接種・感染症対策委員会の提言より一部抜粋)

診療内容

求人情報
診療時間はこちら
スギ花粉症舌下免疫療法
友だち追加 当院のLINE@公式アカウントです。

アクセスマップ

アクセスマップ クリックすると拡大されます。

診療日カレンダー

2020年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
2020年5月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
09:00~12:00
午前診療
休診日
日曜・祝日

通常診療時間

日・祝
09:00~12:00  
15:30~18:30
:診療日 :前院長診療日 :アレルギー外来(予約制) :診療時間外

予防接種・乳児健診

日・祝
予約制
:14:30~15:30 :12:45~13:30 :診療時間外
  • ご予約はお電話で承っています。
  • 受付開始時間は、各診療開始の10分前となります。
  • 予防接種は一般診療時間でも行っております。お気軽にご相談ください。
  • 院長は、小児科・アレルギー科担当です。
  • 火曜日は、前院長の診察日ですので、現院長は不在となります。予防接種・健診、アレルギー相談などは、火曜日以外にご来院くださいますようお願いします。なお、火曜日の午前中は継続診療中の患者さんや急病の患者さんなどを現院長が診療することがあります。
  • 予防接種の時は母子手帳と接種券を必ず持ってきてください。ご持参でない場合は接種できません。母子手帳で当日接種可能かどうかを確認させて頂いております。もし母子手帳をお忘れの場合は、取りに帰って頂くか、日を改めてご来院頂いております。
  • 予防接種外来(水、木、土午後)予約された方やインフルエンザ予防接種予約で来院された方は、その時間帯でカゼやアレルギーなどの診療が原則としてできません。もし診療をご希望の方は、予防接種受付の時に、診察希望の旨をお伝えください。ご説明いたします。

トップへ戻る