梶山小児科・アレルギー科 | 神戸市灘区にある小児科・アレルギー科

〒657-0822 神戸市灘区畑原通3丁目1-17 | 078-801-5678

予防接種

大人の風疹ワクチンのオススメ

時々、風しんが流行しています。子どもは予防接種をしているのでかかる人は少ないですが、20歳以上の成人で流行しています。

特にワクチンを受けてほしい人は、
・昭和54年4月1日以前生まれの男性
・昭和54年4月2日~平成7年4月1日生まれの男性女性
です。
予防接種の接種率が低く感染の危険性があります。

この風疹流行の一番の問題は、大人自身の感染だけではありません。妊娠中の女性のおなかにいる赤ちゃんが病気になってしまうことです。
今、この赤ちゃんの病気―先天性風疹症候群―がどんどん増えています。
知らない間に風疹にかかってしまって、それを他の妊婦さんにうつしてしまうこともあります。

先天性風疹症候群とは、妊婦特に妊娠初期の女性が風しんにかかると、胎児に感染して、難聴、白内障、心疾患、発達の遅れを持った赤ちゃんが生まれてくることがあります。
妊婦さん自身がかかったかどうかも分からないこともありますし、誰からうつったかどうか分からないこともあります。
妊娠してからでは、この風疹の予防接種はできません。

ということで、まず自分の身は自分で守るということと妊婦さんなど他人にうつさないために、風しん(またはMRワクチン)の予防接種を2回していない方は、是非!、予防接種をするか抗体検査を受けてください。

特に受けてほしい人は、
風しんワクチンを受けたことがない人、1回しか受けてない人、受けたかどう変わらない人の中で
・これから妊娠をお考えの家族の方全員。
・奥さんが妊娠されている旦那さん。
・妊娠中の風しん抗体検査が低かった出産後のお母さん

現在、神戸市は基準に該当する方へ2500円の風疹ワクチン助成金を出しています。詳しくは当院にお問い合わせいただくか、神戸市のHPをご覧ください。

麻しん風しん(MR)ワクチンで9400円、風しん単独ワクチンは6000円です。

当院では、MRワクチンをお勧めしています。麻しん(はしか)も2014年現在地域的に流行しています。麻しんは子どもにかかると命にかかわります。風しんの抗体が少ない方は麻しんの抗体も少ないと言われておりこれを機に両方の免疫をつける方がいいと思います。

診療内容

インフルエンザワクチン予約について
求人情報
診療時間はこちら
スギ花粉症舌下免疫療法
LINE@ 当院のLINE@公式アカウントです。

アクセスマップ

アクセスマップ クリックすると拡大されます。

診療日カレンダー

2018年5月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
09:00~12:00
午前診療
休診日
日曜・祝日

通常診療時間

日・祝
09:00~12:00
15:30~18:30
:診療日 :前院長診療日 :アレルギー外来(予約制) :診療時間外

予防接種・乳児健診

日・祝
予約制
:14:30~15:30 :12:30~13:30 :診療時間外
  • ご予約はお電話で承っています。
  • 受付開始時間は、各診療開始の10分前となります。
  • 予防接種は一般診療時間でも行っております。お気軽にご相談ください。
  • 院長は、小児科・アレルギー科専任担当です。
  • 火曜日は、前院長の診察日ですので、現院長は不在となります。予防接種・健診、アレルギー相談などは、火曜日以外にご来院くださいますようお願いします。なお、火曜日の午前中は継続診療中の患者さんや急病の患者さんなどを現院長が診療することがあります。
  • 予防接種の時は母子手帳を必ず持ってきてください。ご持参でない場合は接種できません。母子手帳で当日接種可能かどうかを確認させて頂いております。もし母子手帳をお忘れの場合は、取りに帰って頂くか、日を改めてご来院頂いております。
  • 予防接種外来(水、木、土午後)予約された方やインフルエンザ予防接種予約で来院された方は、その時間帯でカゼやアレルギーなどの診療ができません。もし診療をご希望の方は、予防接種受付の時に、診察希望の旨をお伝えください。ご説明いたします。

トップへ戻る