梶山小児科・アレルギー科 | 神戸市灘区にある小児科・アレルギー科

〒657-0822 神戸市灘区畑原通3丁目1-17 | 078-801-5678

アレルギー疾患

スギ花粉症について(舌下免疫療法)

スギ花粉症は、国民病と言われやく15-20%の人が持っていると言われています。
症状は、鼻症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)、目症状(かゆみ、充血、流涙)、時に主に顔の湿疹などがあります。症状は、お薬がいらない軽い人から、薬が効かない重い人まであります。
お薬は、抗ヒスタミン薬の内服や点鼻、点眼薬などが中心によく処方されてきました。
しかし、2014年10月8日に新しいスギ花粉症治療薬のシダトレンが新しい治療の選択肢に入ることになりました。
シダトレンとは、スギ花粉症の舌下免疫療法のお薬です。健康保険が効きますので安心して治療ができます。年齢は、2018年7月頃には5歳から処方できる様になります

免疫療法とは、アレルゲン(今回の場合はスギ花粉)を少しずつ体内に入れて、免疫経路をアレルギーを起こさない方向に変えてあげる治療です。スギ花粉症の体質自体を変えてしまう可能性のある画期的な治療法です。
舌の裏にエキスを含み2分間保持してから飲み込む、これを毎日繰り返す。根気のいる治療ですが、多くの方が1年、2年、3年と続けるにしたがってだんだん症状が軽くなってくると言われています。おおむねまず3年間行うのが基本です。
ただし、花粉が飛んでいないときも毎日服用すること、1年目は効果がまだ出にくいこと、良くならない人もいるということなどをご了解ください。
毎年スギ花粉症で悩まれている方や今までの治療ではなかなか効果が上がらなかった方などは、一度当院までお問い合わせください。

詳しくはこちらにも書いています。
料金は、維持療法は3割負担の方で薬局でおおむね月に1420円くらいで、医院では、再診料や処方料などがかかり3割負担で約590円です。患者さんによって管理料などがかかる場合がありますので、金額が異なることがあります。こども医療券(上限400円)が使える5歳から15歳まで治療するのもオススメです。
まず受診されたときに治療のご説明をして、ご納得いただいてから治療開始となります。
6月~11月頃までに治療を始めないと効果が出ませんのでできるだけ早めに受診してください。

 

はじめて舌下免疫療法する方は、初回の診療に時間がかかります。

医師からの説明の上、薬局での調剤、医院に戻って服用、その後30分間院内で経過観察させて頂いています。

受付終了30分前(午前診は11:30、午後診は6:00)までには、ご来院くださいますようお願いいたします。

診療内容

インフルエンザワクチン予約について
求人情報
診療時間はこちら
スギ花粉症舌下免疫療法
LINE@ 当院のLINE@公式アカウントです。

アクセスマップ

アクセスマップ クリックすると拡大されます。

診療日カレンダー

2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
09:00~12:00
午前診療
休診日
日曜・祝日

通常診療時間

日・祝
09:00~12:00
15:30~18:30
:診療日 :前院長診療日 :アレルギー外来(予約制) :診療時間外

予防接種・乳児健診

日・祝
予約制
:14:30~15:30 :12:30~13:30 :診療時間外
  • ご予約はお電話で承っています。
  • 受付開始時間は、各診療開始の10分前となります。
  • 予防接種は一般診療時間でも行っております。お気軽にご相談ください。
  • 院長は、小児科・アレルギー科専任担当です。
  • 火曜日は、前院長の診察日ですので、現院長は不在となります。予防接種・健診、アレルギー相談などは、火曜日以外にご来院くださいますようお願いします。なお、火曜日の午前中は継続診療中の患者さんや急病の患者さんなどを現院長が診療することがあります。
  • 予防接種の時は母子手帳を必ず持ってきてください。ご持参でない場合は接種できません。母子手帳で当日接種可能かどうかを確認させて頂いております。もし母子手帳をお忘れの場合は、取りに帰って頂くか、日を改めてご来院頂いております。
  • 予防接種外来(水、木、土午後)予約された方やインフルエンザ予防接種予約で来院された方は、その時間帯でカゼやアレルギーなどの診療ができません。もし診療をご希望の方は、予防接種受付の時に、診察希望の旨をお伝えください。ご説明いたします。

トップへ戻る