梶山小児科・アレルギー科 | 神戸市灘区にある小児科・アレルギー科

〒657-0822 神戸市灘区畑原通3丁目1-17 | 078-801-5678

院長ブログ

シダトレンだより(第2回)

急に寒く練ってきましたね、木枯らし一号が吹きこれから冬になっていくんだなあと実感しました。

この前までTシャツでうろうろしていて、今はジャンパーがいるという変化にはさすがに体がなじめず風邪を引いた方も多いのではないでしょうか。

さて、ご無沙汰していたシダトレン便りです。

一番大切な増量期の2週間が過ぎました。A君に登場してもらいましょう。

医師「シダトレンはじめて調子悪くなったところはなかった?」

A君「はじめ少しピリッとしたけど、その後は大丈夫でした」

医師「失敗したり飲み忘れたりしなかった?」

A君「ありませんでした。基本的に朝ごはんのあとの歯磨きのあとに舌下することにしてました。一度、朝から自転車に乗って出かける用事があったから、その日は帰ってからしました。」

医師「さすが!ほか困ったことはないかい?」

A君「僕は大丈夫だったけど、旅行や外出先でしないといけないときにどうやって持ち運びをするんだろうって疑問に思いました。」

医師「なるほど。基本的に2-8℃で冷蔵保存ってことになっているからね。真夏ならなお心配だね。でも、2時間程度の短時間の外出なら室温で運んでもいいんだよ。でも、真夏などならできたら保冷剤と一緒に持ち運んでもらった方がいいと思います。」

A君「わかりました」

医師「それでは、これから維持期に入ります。パックは変わりますがやり方は同じですから、頑張って続けましょう!」

A君「がんばります」

というふうに、いい感じで治療が進んでおります。治療の効果が目に見えるのは1-2年後なので根気がいりますが、花粉症症状がなくなることを夢見て継続していきましょう。


LINE@ 当院のLINE@公式アカウントです。
カテゴリー
アーカイブ

トップへ戻る