梶山小児科・アレルギー科 | 神戸市灘区にある小児科・アレルギー科

〒657-0822 神戸市灘区畑原通3丁目1-17 | 078-801-5678

院長ブログ

神戸で麻疹(はしか)の発生があります。予防接種まだの人は受けてくださいね。

神戸で麻疹の報告が7人挙がっています。これからさらに増える可能性がありますのでご注意ください。
感染者は、ワクチンがまだ受けられない0歳児、ワクチンを打ってなかった子ども、ワクチンの免疫が切れかかってる大人がほとんどです。
麻疹とは、高熱、発疹、全身がしんどい、咳(肺炎)などを起こす非常にしんどい病気です。時には脳炎などを起こし命にかかわることもあります。初期症状は発熱、咳で風邪となかなか区別がつきません。感染経路は、空気感染です。つまり、同じ場所にいただけでうつります。高校生くらいになると、軽くかかって症状が分かりにくい(修飾麻疹といいます)人もいます。
1歳と年長時にMRワクチンを受けられますので、受けている子どもたちはほぼ心配ないでしょう。注意しないといけないのは0歳のこども、ワクチンを1回しか打っていない25歳以上の大人たち、25歳以下でもワクチンを打っていないまたは1回しか打っていない人たちです。
今、皆様にできることは、
・1歳になったらすぐMRワクチンを打つこと(1歳のお誕生日の前日から受けられます)
・もしワクチンを0回または1回しか打っていなければ、小学生以上の方は自費(9400円)になりますが、ぜひ接種をお願いいたします。
・もし高熱や発疹が出たら受診してください。そしてその症状を受付で言ってください。隔離が必要です。
・0歳の赤ちゃんはよほどの用事がなければ、電車に乗ったり、多数の人が集まる閉鎖的な空間に入るのは避けたほうが無難です。
・予防接種は自分自身を守るとともに、近くにいる免疫的に弱い乳幼児や妊婦さんも守ってくれます。


LINE@ 当院のLINE@公式アカウントです。
カテゴリー
アーカイブ

トップへ戻る