梶山小児科・アレルギー科 | 神戸市灘区にある小児科・アレルギー科

〒657-0822 神戸市灘区畑原通3丁目1-17 | 078-801-5678

院長ブログ

こんな時、プールに入っていいの?

暑くなってきましたね。

もう、虫に刺された子どもやとびひになった子どもが増えてきました。

こういういときに、「プール入っていいですか?」と必ず聞かれます。

2015年5月に日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会・日本皮膚科学会の3つの専門家が様々なデータを元に方針を決めました。

当院でもこの方針で指導しております。

でも、最終的にはその施設長さんが決めることになります。(とほほ)

1)とびひ(伝染性膿痂疹)
かきむしったところの浸出液、水疱内容などで次々にうつります。
プールの水ではうつりませんが、触れることで症状を悪化させたり、ほかの人にうつす恐れがありますので、プールや水泳は治るまで禁止してください。

2)みずいぼ(伝染性軟属腫)
プールの水ではうつりませんので、プールに入っても構いません。ただし、タオル、浮き輪、ビート板などを介してうつることがありますから、これらを共用することはできるだけ避けてください。
プール後はシャワーで肌をきれいに洗いましょう。

3)あたまじらみ(頭しらみ)
アタマジラミが感染しても、治療を始めればプールに入って構いません。ただし、タオル、ヘアブラシ、水泳帽などの貸し借りはやめましょう。

4)疥癬(かいせん)
肌と肌の接触でうつります。

ごくまれに衣類、寝床、タオルなどを介してうつることがありますが、プールの水ではうつることはありませんので、治療を始めればプールに入っても構いません。
ただし角化型疥癬の場合は、通常の疥癬と比べて感染力が強いので、外出自体を控える必要があります。


LINE@ 当院のLINE@公式アカウントです。
カテゴリー
アーカイブ

トップへ戻る